Runpippi


FOOTサイズを伸ばしてスピードアップ

FOOTサイズと書きましたが、これはキャッチコピーで、本意は下図に示す足

の可動部の長さです。

可動部の長さが長くなると、計算上はスピードが上がります。

ピッチとスピードの関係解明の試み」で行った計算において、

足の可動部の長さ13.5cmを14.5cmに変えると

約0.1m/sのスピードアップになり、100mのタイムが約0.2秒短縮します。

計算結果のグラフを示します。
 

「可動部を伸ばすなんて、無いものねだりじゃないか!」と言われるムキもあり

ましょうが、さにあらず、下図のように足指の後ろを浮かせることができれば、

この長さが伸びます。
 
そのためのトレーニングとして次のことが考えられます。

  スクワットでつま先立ちするとき、拇指球で留めず、指の腹で立つ。

  歩くとき、常に足の指で地面を掴むようにする。

バレーリーナがトウシューズでつま先立ってある程度の時間を踊っていま

すので、肉体的に可能な動作であると言えますが、故障予防を考えておか

ないといけないでしょう。


 # 実のランナーで実測したものではなく、計算上の理屈ですから、

   フロンティア精神が旺盛な方に試行していただければ、と思います。


なお、定性的ですが、これに因む記述が下記サイトにあります。

  http://www.amy.hi-ho.ne.jp/atomi/toku_kiko/usami_2.html
  宇佐美彰朗先生の特別寄稿の一節。「足指のスナップ動作を生かす」

  http://mft.jp/basic_walk1.htm
  足指使って歩いていますか? 

  http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000207_all.html
  足の指の力は、踏ん張りや走力に影響する。



目次へ
目次へ